2017年04月19日

フェアリードやらブロックやら

メインセイルのハリヤードはビレーピンに固定します(単にやってみたかっただけ)。ビレーピンへハリヤードを導くためのフェアリードをマストホール脇に取り付けます。また、ダウンホウルもマストホール脇に引いてきて、後ろへ導きそこのカムクリートで固定します。これらの取り付け場所はスウォート下で頑強に補強してあります。

fair_leed.jpg

ダウンホウルはほぼ真下へ、セイルのタックは後方マスト方向へ引くので、これらを一緒しますがそのためのシートはまだ付いていません。

メインシートはスターンのトラベラーを諦め、中央スウォートで引くことにしたので、スウォートに一つブロックを取り付けました。ここの下にも25mm厚の補強材を入れてあるのでビス留めです。

main_block.jpg

posted by KAYAK9 at 18:42| Comment(0) | 製作記

ガンネル破損

ガンネル材は米松(ダグラス・ファー)のピーラーと呼ばれる目の詰んだ材です。長い材が入手できなかったため、二カ所でスカーフして使いました。

今日のこと、ポート側のアウトウェルのスカーフ・ジョイントが剥がれてしまいました。少し浮いていた端っこを服にひっかけたのだと思いますが、エポキシの接着がとれちゃうとは初めての経験、多分接着不良だったのでしょうね。

broken_outwale.jpg

クランプで固定しつつビス留めしましたが、他のスカーフ部も念のためビス留めしておきました。
posted by KAYAK9 at 18:32| Comment(0) | 製作記

マリン合板の代替?

マリン合板の入手が難しい状況でS&Gで船を造るのは困難を極める。なにしろ幅広のハル・パネルを捻って曲げねばならないから、T1ラワン合板6mmでは曲げられるかどうか自信がない。そこで、S&Gを諦めてストリップ・プランキングで造ろうという方もいらっしゃるけど、そのためには狭い幅できちんとモールドを作らなきゃいけない。

先日、葉山にあるカヤック工房にお邪魔した時、そこのカヤックのハルに目がいきました。外側は鹿児島産杉材によるストリップなのに内側は合板。興味が湧いたので聞いてみたら、2.2mm合板でS&Gによりハルを造ってから3mmのストリップをプランキングしたのだそうです。2.2mm厚なら容易に曲げられ、できたハルの外側にエポキシでストリップを張り付けていけば約6mmの洒落たハルが作れる。

strip_plywood03.jpg

ストリップの押さえはステップラーでばんばん留めていき、あとで抜く。これは面白い工法だし、ストリップ材を選べばディンギーだって適用可能かもと思いました。

strip_plywood02.jpg strip_plywood01.jpg

工房の主にこの工法を紹介しても良いかと尋ねたら、どうぞどうぞと言うことだったのでご紹介しました。


to be continued...
posted by KAYAK9 at 08:09| Comment(0) | 製作記