2017年04月19日

ガンネル破損

ガンネル材は米松(ダグラス・ファー)のピーラーと呼ばれる目の詰んだ材です。長い材が入手できなかったため、二カ所でスカーフして使いました。

今日のこと、ポート側のアウトウェルのスカーフ・ジョイントが剥がれてしまいました。少し浮いていた端っこを服にひっかけたのだと思いますが、エポキシの接着がとれちゃうとは初めての経験、多分接着不良だったのでしょうね。

broken_outwale.jpg

クランプで固定しつつビス留めしましたが、他のスカーフ部も念のためビス留めしておきました。
posted by KAYAK9 at 18:32| Comment(0) | 製作記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。