2017年04月04日

セイルを揚げてみる

(04/04)

メイン・シート用ブロックの取り付け位置とか、セイルを揚げてみないと決められない箇所がいくつか。そこで風の弱い日を選びセイルを揚げてみました。この船のリグはバランスト(スタンディング)・ラグ・リグ、ヤードで帆を縦に揚げますが、ブームがマストより前に出ているタイプです。

マストにヤード、ブームを引っ付けておくパレル・ライン、ヤードのそこにハリヤードを結び、ヤードごと上に引き上げます。

set_sail_01.jpg

結構高いセールに見えますが、地上で見上げているからかも知れません。ブームが高い位置にあって有難い、ブームパンチ食らうことはなかろう。直射光のもとで撮ったのでセイルが結構赤く見えますが、実際はもう少し深い色です、そうでないとミラー・レッドになっちゃう。

set_sail_02.jpg set_sail_03.jpg

セイルをセットしてみたら、パレル・ラインの取り付け方とか色々工夫が必要に感じられました。このところずっと雨模様なので外での作業が滞っていますが、明日からまた艤装作業を再開したいと考えています。
posted by KAYAK9 at 10:23| Comment(0) | 製作記

2017年04月02日

船を地上へ上げる

地下工房で製作を始めたディンギー、ドアから出ないことは覚悟の上。「船を出すときは壁を壊す」のは既定方針でした。
でも工房から出せてもこの狭い階段を地上まで上げることができるのか?

carry_up_00.jpg

既存の壁は撤去し、取り外し可能な壁を作っておいたので、その壁とさらにドアも撤去してみると・・・

carry_up_01.jpg

我がディンギーが工房に鎮座しているのが良く見えます。

さて、4月2日、前々からお願いしていた「Jollyhotさん」「その後輩パフ掛け遠藤さん」「葉山生まれ葉山育ちの角田さん」「一か月前までお隣さんだった廣瀬さん」に集合してもらい、いよいよ船を工房から出して地上へ搬出です。5人がかりとはいえ、狭い工房の中で船をターンオーヴァし、外へ出し、さらにお隣の駐車場へ上げねばなりません。

果たしてうまく行くのかちょっと不安でしたが、30分余りで船は駐車スペースに鎮座しました。

carry_up_02.jpg carry_up_03.jpg

マストも立ててみました。

carry_up_04.jpg carry_up_05.jpg

お世話になった4名の友人には心から感謝です。皆さんの助力がなければ、この船は海に浮かぶどころか地上に出て日の目をみることもなかったでしょう。まだまだ艤装作業が必要だし、未だ船置き場も決まっていないのですが、駐車場に鎮座する船を見て、大いに満足感にひたっている製作者なのです。

carry_up_06.jpg

posted by KAYAK9 at 21:53| Comment(0) | 製作記