2017年04月16日

船置き場確保

理想はもちろん湖の「専用桟橋と艇庫(private jetty and boat houseね)」。
でも日本では湖に個人がそんなものを持てる場所はない。

ディンギー置き場にも困っている身には、どんな場所でも置かせてくれるならば贅沢は言わない。でもビーチからの船の上げ下ろしは一人ではしんどいからなぁ。

とまぁ、あちこちディンギー置かせてくる場所を探していたわけですが、このたび友人の助けとマリーナ・オーナーのご理解のお陰でやっと船を置く場所が確保できました。

スロープのある小規模なマリーナ。西方向正面には江の島が遠く見えます。

my_marina.jpg

マリーナ(としての営業はしていないのですが)の管理責任者の方が、ご親切にも私の船に合わせてラックを改造し、トロリーも用意してくださった。ラック脇にはマストを立てるための木枠まで作って下さった。ここには他に6人乗りのアウトリガー・カヌーが置いてあるだけなので、まるで私専用のプライベット・マリーナ!

my_rack.jpg

5月からここに船の陸置きをお願いすることになりました。ご助力頂いた友人諸氏に感謝、というより皆さんの思いやりが嬉しくて涙が出そうです。

posted by KAYAK9 at 10:00| Comment(0) | その他

2017年04月02日

お知らせとご挨拶

website 【アマゾン号に乗りたい!】

カヤック製作記
ディンギー製作記
アーサー・ランサムの世界

を掲載してきましたが、3月末に私のアカウントがクッラキングに遭い、スパムメール送信の踏み台にされてしまいました。
2万通/日に達しようかというスパムメールが私のメイルアカウントから送信されていました。

対策として直ちにメイル・パスワードを変更しましたが効果なく、サイト・コンテンツの中にパスワードを盗むコードが埋め込まれている可能性が高く、サーバー運営会社から全ファイルの削除を求められました。
泣く泣くコンテンツおよびそのphpスクリプト(wikiですが)をすべて削除しました。コンテンツのテキストと画像はもちろんバックアップをとってありましたが、phpスクリプトの再インストールそしてサイトの復旧には相当の時間と労力が必要と思われます。

そこで、ディンギー製作記の続きだけを新たにこのブログに載せていくこととしました。
以前のコンテンツ、特にアーサー・ランサムの作品とその背景についてのページはなんとか復活させたいと考えていますが、当面はこのブログで我慢することにします。
posted by KAYAK9 at 21:22| Comment(0) | その他